自社の強みがわからない

課題カテゴリ

新規集客

よくある悩み
自社の強みがよくわからない...
よくある悩み
強みを訴求しろと言うが、どこから考えようか...
よくある悩み

「自社の強みはどこだろうか?」

 

広告戦略を考える上で意外とつまずくところ。

 

強みとは、端的に言うとお客様が他社ではなく自社を選ぶ理由です。

 

これは、言い換えると自社の商品/サービスがもたらすメリットと、他社がもたらすメリットの差が「強み」と捉えることができます。あくまで競合との比較の上に成り立つのが強みなのです。

 

競合を意識することなく「うちはこれが強みだ!」と突っ走ると、お客様のニーズと噛み合わないケースもあります。

 

 

このあたりのことは以下の記事もご覧いただけると参考になるかもしれません。

「強み」の3分類

他社と差別化された「強み」を見つけようとすると、どこから考えればいいのか分からなくなることもあるかと思います。でも実は、強みは大きく分類すると以下の3つに分けることができます。

 

 

1.手軽さ

他のお店よりも「早い」「安い」「便利」などのキーワードに代表される手軽感です。

 

2.商品の魅力

他のお店よりも「品質がいい」「最新である」などのキーワードに代表される商品そのものの魅力です。

 

3.密着(パーソナライズ)

他のお店よりも「自分個人をよく知ってくれている」「自分の好みに合わせてくれる」「勝手がわかっている」という密着感です。

 

 

自社の強みに関して議論をすると、いろいろと意見が出てくるかと思いますが、最終的には上記の3つに分類されることがほとんどです。そのため、最初からこれら3つの軸をヒントに議論をすすめていくほうが効率的に意見が出るでしょう。

 

ランチタイムの飲食店で考えると...

では、実際にみなさんがランチを食べる際、なぜ他のどのお店でもなく、そのお店を選んだのでしょうか?

 

きっと以下の3つのどれかに当てはまるはずです。

 

1.手軽さ

・他のお店よりも、注文してから早く料理が出てくる

・他のお店よりも、安く食べることができる

・他のお店よりも、オフィスから近いので便利

 

2.商品の魅力

・他のお店よりも、腕がよくて美味しい

・他のお店では味わえない、最新のトレンド料理が食べられる

・他のお店では会えない、魅力的な店員さんがいる

 

3.密着(パーソナライズ)

・他のお店とは違い、「いつものお願い」で料理が出てくる

・他のお店とは違い、自分好みの味を知ってくれている

・他のお店よりも、勝手がわかっているのでストレスがない

 

 

いかがでしょうか。ここでは自分が「お店を選ぶ理由」という表現をしましたが、裏を返せばまさに「強み」となります。

 

強みは1つに絞る

1.手軽さ

2.商品の魅力

3.密着(パーソナライズ)

 

「これ、うちが全部実現できればどこにも負けないお店になれるってことだよね!」とすべてを頑張ろうとするお店もあります。

 

「どこよりも早くて」「どこよりも安くて」「どこよりも最新技術を使って」「どこよりも個人個人にカスタマイズできる」ことができれば、確かにどこにも負けないと思います。でも、現実的ではありませんよね。

 

そのため、これら3つの中から、自社が「この軸でいく!」と決めることをスタートとして、さらに具体的な強みを考え、実現していくことをおすすめします。

ターゲットが変われば強みも変わる

強みの見定め方については、ターゲット顧客によって大きく変わります。

 

たとえば、先ほどのランチタイムの飲食店の例でいくと、50代の男性サラリーマンには「安くて早い!」という強みが響くかもしれません。一方で主婦友達のあつまりでは、「最新のトレンド料理」という強みが当てはまるかもしれません。

 

このように、ターゲットが変われば強みも変わりますし、どの市場で戦うかによっても強みは変わります。

 

自社の顧客を分析してみることも強みを考える際に重要です。

 

 

よろしければこちらの記事もご覧ください。

記事一覧へ戻る