ノウハウ -know how-

チラシ・パンフレット・名刺、紙の厚みは何が最適?販促物の用途別に紙の厚みを解説!

  • #紙媒体プロモーション

こんにちは。神戸市の広告代理店ほっと広告のライティングチームです。

 

普段手にするチラシやパンフレットなど、あまりその「厚み」について気にしたことはないかもしれません。しかし、たとえば「ペラペラの名刺」を受け取った場合、どのように感じるでしょうか。

 

本記事では、販促物をつくる際、それぞれの用途に最適な紙の厚みを解説していきます。

 

 

紙の厚さを測る単位「kg」

 

まず、紙の厚さを表す単位「kg(キログラム)」について解説します。「厚みなのにkgで表すの!?」と少し不思議な気持ちになりますよね。

 

印刷業界では「連量(れんりょう)」や「斤量(きんりょう)」と言って、一定のサイズ(※)の紙1,000枚分の重さで厚みを表します。たとえば「コート紙90kg」という場合、コート紙という種類の紙を1,000枚重ねると90kgになるということです。

 

※一定のサイズ=四六判(788mmx1091xmm)の寸法

 

 

 

 

「kg」自体は馴染みがあるものの、紙の厚みを「kg」で表すことがあまり馴染みのないことですので、少し戸惑うかもしれません。簡単に言うと、この「kg」が大きい数字になるほど厚くなり、小さい数字になるほど薄くなります。

 

 

【販促物の用途別】おすすめの厚み

 

名刺

 

おすすめの厚み:180kg

 

名刺はその人や会社の顔ともなりますので、ある程度しっかりとした厚みのある紙が最適と言えます。そのため、名刺の厚みは180kgが一般的です。一般的なものよりもさらに重厚感を演出したい場合は200kgや220kgでも構いませんが、印刷価格が上がりますので注意しましょう。また、あまりに厚みのある名刺は相手方の名刺ケースを圧迫することになりご迷惑となるケースもありますので、特別な意図がない限りは180kgがベストと言えます。

 

 

はがきDM

 

おすすめの厚み:165kg ・ 180kg

 

はがきDMでは配送時の仕分けやポストへの投函など、さまざまな工程を経て各ご家庭へ届けられます。あまりに薄い紙にしてしまうと届くまでにくたびれてしまう可能性があります。また、あまりに薄くペラペラなDMだと、広告主の企業イメージにも悪影響です。(この企業、ケチってるのかな?と邪推する方もいるかも…)そのため、理想的には180kgがおすすめです。少し薄めの165kgであっても別のはがきと比較しない限りは「薄い」とは感じづらいので、コストを少しでも抑えたい場合は165kgでも構いません。

 

 

パンフレット・リーフレット

 

おすすめの厚み:110kg ・135kg

 

パンフレットやリーフレットはある程度の保存性が必要になるため、110kg・135kgの厚みをおすすめします。パンフレットやリーフレットは2つ折りや3つ折りなどの「折加工」をすることが多いため、はがきのような厚みのある紙を使用することは推奨しません。あまりに厚みがありすぎると、折った際に外側の印刷面が破けてしまう「背割れ」という現象が起きてしまいますので注意しましょう。なお、どうしても135kg以上の紙の厚みが必要な場合は、折加工ではなく、折りやすいようにスジを入れる「スジ入れ加工」を検討してもいいでしょう。詳しくは印刷会社や制作会社に相談してみてください。

 

 

ポスター

 

おすすめの厚み:110kg ・ 135kg

 

ポスターは掲載期間がある程度の期間になることが多いため、多少の厚みを持たせたほうが良いでしょう。理想的には135kgですが、多くの場合110kgでも問題ありません。あまりに薄い紙を使ってしまうと、シワや破れにつながりやすく、逆にあまりに厚すぎても持ち運びに不便ですので注意しましょう。

 

 

折込チラシ

 

おすすめの厚み:50kg 〜 90kg

 

折込チラシともなると印刷する枚数が大量になるため、比較的薄めの紙を使うことが一般的です。そのため、折込チラシで最も使われるのは50kgです。印刷会社によっては53kgや55kgの紙を扱います。ポスティングの場合は配達員が直接各家庭のポストへ投函するためもう少し厚みのある70kgあたりを使うこともあります。また、チラシに掲載する商品の価格帯やブランドイメージによっては、70kgや90kgといった厚みのあるチラシで重厚感を演出する場合もあります。ただ、あまりに厚みがあるものは新聞折込の際に別途費用を取られるケースもあるので注意が必要です。

 

 

手配りチラシ

 

おすすめの厚み:70kg ・90kg

 

店頭で配ったり、営業時の資料としてチラシを使う場合は90kgがおすすめです。70kgでも十分ですが、そのままお客様が持ち帰ることも多いため、耐久性の観点から折込チラシよりは厚みのあるものが理想的です。

 

 

 

まとめ

 

おすすめの厚み
名刺 180kg
はがきDM 165kg・180kg
パンフレット・リーフレット 110kg・135kg
ポスター 110kg・135kg
折込チラシ 50kg〜90kg
手配りチラシ 70kg・90kg

厚みひとつで手に取る人の印象を大きく左右することもあります。販促物によって適切な紙の厚みを選択し、効果的な販売促進を実現しましょう。